借金相手と連絡が取れない場合

posted in: 未分類 | 0

友人や知人にお金を貸したのに、期限までに返してもらえないというのは残念ながらよく起こるトラブルの一つです。特に、相手のことを信頼して口約束で貸してしまった場合、いつでも連絡が取れるものと安心していたらいつの間にか連絡が取れなくなったというのも十分にありえることです。それでは、借金相手と連絡が取れない場合、どうすれば良いのでしょうか。まずはメールや電話にて、期日がすぎている事を伝えましょう。特にメールは送信記録が残るので、その後にトラブルに発展した場合にも証拠として使えるので有効です。また、携帯電話に出ない場合には、借金相手への自宅や実家への電話連絡もいたしかたありません。電話やメールでの連絡が不可能な場合には、自宅や勤務先に出向いての請求も可能です。事前に連絡しておきたいところですが、電話やメールであらかじめ連絡取れないという状況を相手方にきちんと説明することで、トラブルを回避します。それでも連絡取れないという場合には、書面による請求書を郵送します。この時、配達記録にすることで、確実に相手方に届いたことが確認できます。最終手段としては、裁判所を利用して支払い督促、少額訴訟、仮差押などの対処ができます。

借金のある人との恋愛ってあり?

借金をしている人と恋愛に落ちることもあるかもしれません。借金をしている人と恋愛するというのは悪いとはいいませんが、お金を借入している人は全体的にだらしない印象があります。お金を借りることで利子が発生して、支払う金額はどんどん増えて行きますので、付き合っていて何かお金を求められたりといったこともあるかも知れません。その借金が住宅や車のローンなどならば計画的に返済計画を立てているはずですから大丈夫ですが、交際費を目的としたものであるならば明確な返済計画は立てていないことが多いです。多くの人が裕福でお金に困らないわけではないので、周りの人々もお金をできるだけ使わずに楽しもうと努力しているはずです。もしその人と結婚するとなれば、同じ財布の中から生活費を分け合わなければいけません。そうなってくるとお金を浪費するような使い方を以前からしていた人は、すぐにはその癖が抜けませんのであなたにも被害が及んでくる場合もあります。最低限の生活が保障されなければ、生まれてくる子供などにも不幸な思いをさせてしまいかねませんので、そういった金銭面でも恋人を選んでいくことは決して悪いことではありません。しっかりと考えて良い恋愛をしましょう。

Leave a Reply