借金返済の領収書の書き方

posted in: 未分類 | 0

貸主が借主から借金の返済を受けたときは領収書を渡します。毎月返済をしている場合は、毎月渡すことになります。借金を全額返済した場合は、領収書と借用書を渡します。渡す領収書には返済金額などを記載します。借金の一部を返済する場合に「ただし元金として」と記載すると加算される利息が減るので借主に有利となります。その他返済日や貸主の名前、押印や借主の名前などを記載します。では、借金の返済を受けた際に渡す領収書にはどんな意味があるのでしょうか。これによって返済金額がごまかされるなどということはあまり考えられませんが、トラブルを未然に防ぐためにも貸主と借主の両者にとって必要不可欠なものと言えます。また、金額が三万円以上になる場合には、「売上代金以外の金銭又は有価証券の受取証」に該当するため収入印紙が必要となります。収入印紙はコンビニなどでも手軽に入手することができます。この時の収入印紙代は領収書を発行する貸主側が持つことになります。借金を完済した場合には、但し書きの欄に「本日をもって双方に金銭の貸し借りはありません。」と記載すると良いです。大切なことは返済の事実関係を双方に明らかにすることと言えます。

借金の無限ループにハマる人

借金の無限ループにハマる人には特徴があり、借金癖がついていることです。欲しいものがあると我慢せず、すぐにローンで購入してしまうのです。クレジットカードで浪費する方も、借金のループにハマりやすいと言えるでしょう。ローンとクレジットは性質が極めて似ているからです。カードを限度額いっぱいまで使ってしまう方も、総じてループにハマりやすいです。キャッシングやカードローンといった小口融資は、目的が自由なのがメリットです。その反面、使いすぎの原因になりやすいデメリットもあります。これらのローンを正しく使うには、1回返済を心がけることです。クレジットカードにおいても、1回払いにすれば利息はかかりません。ローンは1回返済でも、借入日数に応じた利息が発生しますが、借入期間が短くなるので大した利息はつきません。長期ローンを組むと、借金の無限ループにハマる可能性が高いので注意が必要です。ローン返済中に追加融資が必要になると、完済する前に借りることになるでしょう。そうして借入額が段階的に増えていくのです。増えた借金は返済が厳しくなるので、また新たに借りて返済するという悪循環となります。無限ループにハマらないためには、短期返済を心がけましょう。

Leave a Reply