借金が原因の離婚は後悔なし!

posted in: 未分類 | 0

借金が原因で離婚する方もいますが、その後後悔するものなのでしょうか。離婚をしますと後で淋しくなりやはり離婚しなければよかったと後悔することもありますが、借金が原因の場合はそうではありません。離婚することにより、とりあえず借金地獄からは解放されます。相手が借金癖のある人の場合、今後はもう悩まされない日々を過ごせるのです。確かに淋しさはあるかも知れませんがまた元に戻ると地獄の日々が始まるのでそれなら別れて良かったとなります。ですのでもしも配偶者の借金で苦労しているのでしたら別れるのも一つの方法でしょう。もう自己破産されてからですと財産分割もできなくなります。闇雲にお金を借りて返済できなくなったことは正当な離婚理由になりますのでもしも裁判になっても勝てるでしょう。もしも相手が改心して自分でお金を返し、まともな生活を送っているのでしたらその時に再婚すればいいのです。子供がいるのでなかなか別れられないという方もいますが、貧乏な状況で子育てをする方が逆に子供にとって辛いものです。何よりも自分と子供が幸せになることを最優先するべきでしょう。一度は結婚した人ですので情けがあるなら自己破産の方法など知識によって助けてあげてください。

借金の利率のしくみ

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングをはじめとした様々なローン商品とは、結局、金融機関からお金を貸してもらうことです。ですからカードローンやキャッシングで借り入れしたお金は、借金に他なりません。もちろん、借りたお金は元金に利息を付けて返さなければなりません。その返済のことを考えると、借り入れ利率は利用者にとっては気になるところです。なぜなら実際に利息が何円になるのかは、利率次第だからです。それはつまり、金利が年利で何%になるのかによって利息の支払い負担が決まってくるということです。それら利息と金利の関係は、基本的な計算式で表現することができます。それは、「借り入れ金額×利息(年利)÷365日(または366日)×借り入れ日数=利息」です。たとえば年15%の金利で50万円を180日間借りたとすると、単純計算ですが、「50万円×15%÷365日×180日=36986円」となります。もちろん、実際の返済は毎月のリボルビング払いだったりしますので、この単純計算はあくまでも利息の目安です。しかし、目安であったとしても、これから借金を背負う人にとっては大いに参考になることは間違いないでしょう。とにかく、お金を借りたら利息が必要になります。安全に確実に返済するためにも、利息の支払い負担には要注意です。

Leave a Reply