借金とライフプランの関係

posted in: 未分類 | 0

借金って、つい「このくらい」と考えて、少しずつでも返していけると思って借り入れを繰り返している内に、いつの間にか返済が難しい金額になっているケースがあります。また、返済の当てが無いけれどもカードローンなどで借金をするケースもあります。最初のうちは、問題無く返済していくことが出来ても、事故や病気、あるいは会社のリストラ等、生活上の何かの急な問題点が発生して、ライフプランが狂っていった時に返済の当てが無くなり苦労するケースも少なくありません。また、少しずつ借金を重ねる他にも、住宅ローン等、ライフプラン上で慎重に検討するケースもあります。金利は変動がきかない為に、変動金利か固定金利のどちらの金利が返済し易くなるか?をよく考えてローンを組まなければなりません。安全確実に返済したい方は固定金利を、逆に変動金利で返済していく方は返済額が高くなる場合も念頭に置く必要があります。変動金利は年2回金利の見直しがあります。金利の最高は25%までです。固定金利は、金利が一定額に定まっており、返済の計画も立てやすくなります。金利割合ですが、少し高めに設定されている場合があります。  ローンを組む際、どのような金利の推移で貸し出しをしているか?等の情報を数社調べてみて、色々なライフプランを重ねて借金の検討していくことをお勧めします。

借金の理由ランキング

借金は何かの理由は存在して行いますが、そのもっとも多い借金の理由が会社を退社したときです。会社を退社すると単純に翌月からの生活費は確保できないわけですから、借入を行うことによりまかなわなければいけません。自分で何か事業を行っていたり副業をしている人は別ですが、ほとんどの人は貯金で生活費をまかない、足りなくなったら借入でまかなっているようです。借入したお金には当然利子は発生するので、放っておくと非常に大きな額になってしまうこともあります。就職したらすぐに返そうと思っていても、不景気であまり就職先がない場合もありますので、しっかりと考えてお金を借りることが重要です。意外と交際費などの理由で借入を行うことは少ないようです。そういったことは行うのは若い世代が多いみたいですね。また、結婚式などを行うために借入を行うなども多いようです。これはご祝儀などからも返済が可能ですので、すぐに返済できるケースが多いみたいですね。最近の結婚式は多くの費用が必要になってきますので、若い世代の収入で支払を一括して行うことは難しいこともあるでしょう。結婚式場がそういったプランを用意していますので聞いてみるといいでしょう。借金にも色んな利用が存在しますね。

Leave a Reply