借金に楽勝する裏ワザ

posted in: 未分類 | 0

「どうにかして少しでも負債を減らしたい」そんな方におすすめしたいのが、借金に楽勝する裏ワザです。例えば、借金支払期限当日にATMなどで返済していませんか?これは、ダメです。月末を返済期日と考えた場合、月のお給料が出たら、その日にその月の返済分を返済していくことが楽勝パターンの基本です。以降、毎月この手法を繰り返します。次に、プラスαですが、「どうにかして少しでも負債を減らしたい」と思っているのなら臨時的に収入があったら、即、その臨時収入分をその日のうちに返済に充てます。1,000円でも構いません。臨時収入でジュースを買ったり、たばこを買うのではなく「返済」に充てるのです。この意識の持ちようが大事なのです。小さな繰り返しが、大きな目標を達成させます。借金で言えば完済です。完済をゴールと決めたら、そのための、あなたなりの計画を立ててみてください。巷の主婦がよくする節約・倹約と似ています。あなたがいつも通う美容室で、カット・パーマ・髪洗のコースをオーダーして髪を切っているのなら、髪洗の部分は止めて、自宅で髪洗する。500円でも安く美容室代金を見直すのです。毎日1箱のたばこを2日に1箱にするなど、日常生活で節約・倹約できることはまだまだありそうですね。節約・倹約でねん出した金額を返済に充てることで、あなたが思うよりすっと早く完済のゴールはやってきます。これが借金に楽勝する裏ワザの極意です。

多額の借金があっても楽観的な人とは

普段生活していてお金が足りなくなってきたときは借入をすることがあるかもしれません。そういった場合にはしっかりとした返済のスケジュールを立てたうえで行う必要があります。そういったことをせずに、返せるだろうと楽観的に借金をすることは非常に危険です。借金は利子がついて、どんどん金額が膨れ上がっていきます。気づいたときにもう返済できるような額でないといったケースも珍しくありません。借金が多額にあっても楽観的な人もいますが、こういった人は最終的に自己破産などの手続きをすればよいといった考えの方が多いです。借りたものを返さなければいけないということは、子供もわかる簡単なことですので、こういった考えで借入をするのはやめましょう。信用は失墜していき、人付き合いもしにくくなりますので、生活していく上できっと支障がでてしまいます。お金持ちでも幸せとは限りませんので、お金を使わなくとも幸せになれることを探してみてはいかがでしょうか。周りの人もそういった小さな幸せを楽しみに生きていますので、あなただけが特別というわけではありません。人生を楽しく生きていくために、お財布の管理はしっかりとして、健全に生活しましょう。

Leave a Reply