借金の乗り換えの落とし穴

posted in: 未分類 | 0

借金は現在では特別なものではありません。国自体が借金まみれなのですから、個人としてもそんなに、肩を落とすほどのことではないようにも思えてしまいます。しかし、よく考えてみましょう。どのような形でお金を借りるにせよ、借りたものは返さなくてはなりません。現在多重債務者となり、首が回らないような人もたくさんいます。でも、その多くの人たちは、別に遊びのためになったわけではなく、生活のやりくりの中でいつの間にかなってしまったのではないでしょうか。そのような人たちに対して、また猫なで声でささやく誘惑もあります。いわく、もう借金できなければ、クレジットカードのショッピング枠でお金が借りられるよと。人の足元を見て、困っている人をさらに窮地に追い込むやり方です。まさに、生き馬の目を抜くとでも言えるような、ひどいやり方です。そこまで行かなくても、現在ある借金を乗り換えという形ができますよとささやく声もあります。これも、先の見通しがつかない人にとっては、天使のささやきにも聞こえるのでしょうか。でも、結局は借金の額を増やすだけで、金利が増えて利息を払うだけで精一杯の人が、多く存在するでしょう。乗り換えという、いかにも耳に心地よい声にだまされて、さらに地獄にはまりこんでしまう現実には、いやになってしまいます。

Leave a Reply